株式会社ヘルスデザインプロモーション
By 花高 Follow | Public

「私たちの身体は栄養素で生かされている。栄養素が不足すると病気になる」この仮説を1986年に立てたところから、健康づくりイノベーションは始まります。

私たちのカラダやココロの不調が、自覚症状としてSOSが発信されていることに着目し、その自覚症状にかかわる体内酵素、またその生理作用に関与している栄養素(ビタミン・ミネラル)などの体内情報をデータベース化しました。今でいうビックデータです。約30年前から未病の様々な情報を蓄積し、分析・分類・ディープラーニング(多層解析)により第二次予防の一般健診では測定されない第一次予防段階の様々な「未病の状態」を数値化し、わかり易く「健康づくり」パスポートとしてご提案する事ができます。

未病状態の数値化とは

 1. 未病度がわかる
 2. あなたのカラダとココロが必要としているビタミン・ミネラルがわかる
 3. 未病段階における疾病リスクがわかる
 4. あなたの未病タイプの特長がわかる
 5. カラダの元気度(体内活力指数)がわかる
 6. ココロの元気度(うつ係数)がわかる
 7. 未病段階における「認知機能リスク度」がわかる

しかし、市場に提供を開始すると、医療関係者から科学的根拠(Evidence)を追及されます。また、権威づけを求められます。そのこともあり2006年から毎年、7ヶ年間にわたり、本システムの個別臨床実証検証の検証結果を日本未病システム学会において発表を重ねてまいりました。
そして、本学会から「未病マーカーとしての有効性を確認する」との評価を受けることができ、2015年、自覚症状から未病状態を測る「未病判定方法」として特許を取得することができました。

今までに蓄積されたビックデータの分析結果から見えてきたことは、未病段階における「うつ係数」は女性が圧倒的に男性を上回り、60歳代が特に高いことを示しました。また、未病段階の「認知機能リスク度」は20歳~40歳代までは男性が高く、その中で20歳代の男性が特に高いことが計測されました。この「リスク因子」を考察した時、幼少・幼年・中学生時代に起因するゲームやスマートフォンの使用過多による電磁波の影響、対人関係能力の低下や、社会的な絆をつくれずに孤独や孤立に陥っていることが発表されています。
認知症は高齢者が患う病気と思われがちですが、若くして発症する率が高くなってきていることがうかがわれ、大きな社会問題として提示されています。

早期に発症を予防することが重大な課題であり、危急の予防への対応策を講じることが必須です。

世の中は、速いスピードで変化しています。
人間力の五感(感性)、知見・知識や経験をデータ化したソフト、サービス、アプリケーション等が登場しています。人工知能(Artificial Intelligence; AI)を搭載したロボットも開発されています。「数学」で未病をとらえようとする数理工学の研究も始まっています。

 〜 見えないモノを見えるようにする!?
 〜 見えているモノに見えないコトを融合する!?

感性工学という分野も発達してまいりました。このような時代背景を受けて、現代人は今までにない超ストレス社会に突入しており、身体的にも精神的にもまた、脳に及ぼす影響は、社会的損失に大きく関わってきています。

2015年に実施された大阪府医師会主催の公開討論会においても「認知症とうつ症との判断が難しい。誤った処置をする場合がある」早期に予防するためのチェックが必要だと発言されています。 第二次予防の一般健診では測れない第一次予防段階の「未病の状態」を一人でも多くの方にお知らせすることが、弊社の使命です。弊社のような零細企業が「健康づくり」イノベーションの実現に向けて!と叫んでも多くの人々の理解を得ることは誠に難しいことです。

しかし、勇気を出して挑戦します!
そして、多くの方々に今のご自分の「未病の状態」を知っていただき、気づいていただき、生活習慣改善への行動変容を起こしていただく事を願う次第です。

一人ひとりの「健康づくり」への更なる付加価値の高いサービスを提供させて頂くために「未病ラボット」(Laboratory+Robot)の構築を急ぐことといたします。